アフターピルへのイメージ

アフターピルへのイメージ

皆さんはアフターピルがなぜ避妊をしてくれるか分かりますか。アフターピルは体の卵子の殺したり、子宮に害を与えるようなものではありません。アフターピルと聞くとどうしても悪いことを想像しがちな日本人ですがじつは女性の体を考えてくつくられた避妊薬なのです。

☆疑似妊娠をさせるアフターピル

アフターピルにはプロゲステロンというホルモンで出来ています。プロゲステロンは生理を引き起こしたり、妊娠時に妊娠を維持するために大量に分泌されます。

他にも大量に分泌されたプロゲステロンは卵子の排卵を抑えたり、子宮内膜の発達を押される作用があります。アフターピルは妊娠時のプロゲステロンに目を着けて体を妊娠状態だと勘違いさせることで避妊ができるのです。アフターピルはプロゲステロンの作用を上手く利用してできた避妊薬なのです。

☆アフターピルの副作用が起こる原因

上記のようにアフターピルには女性の体を疑似妊娠させることで避妊をさせる薬なので、妊娠初期のような症状が出る時があるのです。例えば吐き気やのぼせ、腹痛などといった症状です。また、生理を人工的に誘発するので生理痛の症状にも似た副作用もあります。

☆最近のアフターピル

しかし最近では避妊に特化し、アフターピルの副作用が極力抑えられるノルレボ法という開発されました。以前のアフターピルはヤッペ法という方法が使われていました。
この方法は医療用である中用量ピルを2回に分けて服用する方法で副作用も強く、また12時間後にもう1錠服用しなければいけない避妊方法でした。服用時間を空けなければいけないことが原因で服用し忘れてしまい避妊に失敗してしまったという女性も多くいました。

しかし今ではヤッペ法が改善されてノルレボ法という方法での避妊薬が一般的になってきました。ノルレボ法は1回の服用でヤッペ法よりも高い避妊効果があるのです。